アルコールが原因で起こる肝障害について知っておこう

aruko-ru

アルコールが原因で肝機能が低下したり、病気になってしまったりする方は少なくありません。

こういう方にとって、お酒の量をどれだけコントロールできるかどうかが病気の進行を早めるか否かのポイントになります。

毎日のようにアルコールを口にしている方のなかには5年以内に肝障害を起こす人も多く、4人に3人が障害を起こすともされているそうです。

スポンサーリンク

 

長期にわたってお酒を飲み続けていると、主に3つの種類の肝障害にかかる可能性があります。

・アルコール性脂肪肝

・アルコール性肝炎

・アルコール性肝硬変

これらの肝障害は、下のものになればなるほど肝臓が危ない!とも言えるでしょう。

 

・アルコール性脂肪肝

お酒の飲みすぎで肝臓を悪くしてしまい、中性脂肪がついて大きく膨らんでしまっている状態を指します。

肝細胞の1/3以上に中性脂肪が溜まっているような状態を脂肪肝と言うようですが、アルコールの過剰な摂取による肝障害のなかでも、初期のものになるでしょう。

スポンサーリンク

・アルコール性肝炎

こちらは、急速に酒の量が増えた方がなりやすいものです。

お酒を飲み慣れている方でも、急に酒量が増えるとかかりやすいとされています。

急性の肝障害と思ってください。 症状としては、皮膚が黄色っぽくなる、食欲がなくなる、胸がムカムカして吐き気がする(もしくは実際におう吐する)、だるい、腹痛などが出てくるでしょう。

急に下痢をしたり、体重が激減した時にも注意です。

このサインを無視していると、いつの間にかアルコール性肝硬変になってしまいます。

・アルコール性肝硬変

アルコールの飲みすぎという生活態度を改めないと、肝細胞が傷めつけられてしまい、そのうち肝臓がカチカチになっていきます。

そして、肝臓自体が収縮してしまうのです。この状態をさらに放っておくと、とうとう肝臓が機能しなくなってしまうそうです。

 

この肝硬変はどちらかというと海外に多い肝障害ではありますが、なんと日本でも患者が増加してきているそうです。

ただし、急に命にかかわるものではありません。

断酒をして生活習慣を改めれば、病気は少しずつ改善していくはずです。

あまりに進行している場合には時間がかかりますが、不治の病ではないということを知っておくべきでしょう。

アルコールをよく口にする・飲まなければいけないような環境下にある方の場合には、肝障害を予防するように生活を改めることで、長生きをすることができるのです

そのためにも、お酒の量はコントロールして飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年9月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ