肝機能をうまく働かせたいなら、『タウリン』を摂取する

肝機能の回復にはタウリンが効果的

悪くなった肝臓に効果的な成分といえば、『タウリン』です。

タウリンにはさまざまな効果がありますが、肝機能の回復などに特に効くと言われています。

 

タウリンの効能

タウリンは、『含流アミノ酸』に分類される成分であり、人間の体でいうと筋肉や脳、心臓、肺、脾臓、骨髄、目の網膜などに含まれています。

スポンサーリンク

そのため、視力の改善や、視力の低下を予防するのにも効果があるそう。

つまり、タウリンを摂取すると、視力を正常に保つことができるそうです。

紫外線、もしくはゴミなどからくる目の疲れを癒やしてくれて、さらに視力低下を防いでくれるという話もあり、一部では、「食べるメガネ」などというユニークなネーミングで愛されているそうです。

タウリンが入った目薬などもありますので、肝臓以外に視力のトラブルを抱えている人も好んで摂取しているようです。

もちろん、肝臓にも高い濃度で含まれているとされています。

食品でいうと、魚介類や貝類などにたくさん含まれているそうです。

栄養ドリンクにも、タウリンが主成分として使われているものは多くあります。

 

タウリンは、肝機能がうまく働かない人にも効果があります!

肝臓の働きを助けてくれたり、肝細胞の再生を促す効果もあったりと、タウリンは肝臓が弱い人の味方です。

アミノ酸でできているタウリンは、肝臓が正しく働くように力を発揮します。

研究によると、タウリンは脂肪組織の燃焼を促す力も秘めているとのことで、脂肪肝に効果があるという意見もあります。

スポンサーリンク

つまり、体脂肪を少なくしてくれて、年を重ねるごとに不安材料になりがちな肥満を防止してくれる働きもあるのだそうです。

アルコールを飲んだ際に体内に増える活性酸素、そしてそれによって生み出される過酸化脂質は、肝臓にダメージを与える存在。

タウリンにはこれらのものを消去する効能もありますので、脂肪肝を防止してくれるという働きも期待できます。

アセトアルデヒトの分解を助けてくれて、細胞を保護してくれるという働きもあるのです。

お酒も飲みたい、やめられないけれど、健康的に生活したいという人には、見逃せない成分です。

 

タウリンが多く含まれる食材

カキなどの貝類や、魚介類などにタウリンが多く含まれています。

イカ、タコなどからも摂取することが可能でしょう。

真蛸、ヤリイカ、カツオ、ブリ、サザエ、ホタテ、カキ、シジミ、アサリなどから摂取することができますので、朝食や夕食に取り入れたり、サプリメントなどでとったりするのもオススメです。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ