ALT(GPT)の異常数値範囲が示す病気②

ALTという逸脱酵素が、体内の異常を察知し、ASTと同様に血中に放出され、その濃度をはかることで病気の進行を予想できる、ということはすでにお話しました。

そして500までの数値でどのような症状が予想されるかも述べましたので、もっとひどい状況についてお話します。
 
ALTの数値が500~1000までいくと、ウイルス性急性肝炎のピーク時やウイルス性慢性肝炎の急激な悪化がよく疑われます。

よく勘違いしているひとが多いと思うのですが、急性は一過性だから安全で、慢性は危ない、などということはなく、どちらも危険な状態です。

そしてここまで高い数値がでた場合、これらが悪化しているサインなので、すぐに治療を開始する必要がありますし、医者にもそれを勧められると思います。
 
1000以上を超えると、ウイルス性急性肝炎のピーク時か、ウイルス性慢性肝炎の急激な悪化の可能性だけではなく、劇症肝炎、薬物性肝炎、虚血性肝炎のピーク時などの可能性もうみます。

どちらにせよ、100を超えた時点で何らかの治療は必要だといわれますし、インターフェロンなどの投薬だけでは済まず、長期入院や手術につながる可能性も大いにあります。
 
このような大事にならないようにするには、定期的に健康診断や人間ドックを受けることです。

スケジュールが合わなかったり、費用の問題でいきづらいのであれば、何らかの機会に血液検査だけでもやっておいてください。

そうすれば最悪の状況を回避できますし、数値の知識を増やすこともできます。
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ