ALT(GPT)とは

さて、AST(GOT)という酵素についてもうお話しましたが、次にALT(GPT)についてお話します。

ALTは「アラニンアミノトランスフェラーゼ」という酵素で、もとはGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)と呼ばれていました。
 
これは、グルタミン酸とピルビン酸を、アラニンとα-ケトグルタル酸に分解する酵素です。グ

ルタミン酸とアラニンは両方とも生体に必要なアミノ酸で、α-ケトグルタル酸とピルビン酸は両方とも、好気呼吸で生成される中間生成物です(つまり体内に十分に存在する材料です)。
 
ALTもASTやγ-GTPと同様に、体内で異常がおこるとそれを感知して血中に放出される逸脱酵素ですが、この酵素に特徴的な面というと、心筋や骨格筋にも含まれているASTと違って、ほとんどが肝細胞に含まれているので、この数値があがったらまず肝機能障害に特定して検査できる、という点です。
 
また、この酵素はALTの濃度結果と合わせて判断されることが多いです。

つまり、AST濃度が高くてALT濃度が低い場合は肝臓以外の器官の疾病の可能性が高く、ASTもALTの濃度も高い場合は肝機能の異常である可能性が高いです。
 
もう一つ、ASTには「一度放出されるとしばらく濃度を保つ」という特徴があるので、急性肝炎のピーク時や慢性肝炎、脂肪肝などにおいてはASTよりもALTの濃度が高くなることがしばしば見受けられます。

どちらかというと、ASTよりALTのほうが特徴的な変動を示すので、肝機能の検査には欠かせない要素だと思います。
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ