AST(GOT)とは

肝機能のコンディションをはかる目安として、ASTなどの酵素を検査することがあります。

ASTは「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」といい、肝細胞だけでなく、心筋や骨格筋、腎臓にも含まれる酵素なので、この数値があがったからといって肝疾患とは限りませんが、ALTという酵素の反応と比較することによって、肝疾患かどうか判断できます。
 
この酵素は、好気呼吸の中間生成物である(つまり体内に十分に存在する)α-ケトグルタル酸を、グルタミン酸とオキサロ酢酸に分解して、体内に必要なアミノ酸(グルタミン酸)を生成していきます。

そのため、今まで「GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)」という名前で呼ばれていましたが、生物化学者が名称を変え、今では「AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」という名前のほうが出回ってきています。

もちろん、化学的な構造や作用は何も変わりません。

そして体内の異常に応じて血液中に放出される、γ-GTP(ガンマGTP)と同じような逸脱酵素です。
 
この酵素は心臓や腎臓にも含まれるので、心筋梗塞や腎臓の異常でも血中の数値はあがります。

また、採血をする際に赤血球が溶血することで、この酵素がでてくる場合もあるので、低い濃度なら心配はありません。

だいたい、心臓・腎臓系の病気か、肝機能の異常のサインとして使われることが多いです。

つまり、ALT検査の整合性の確認、という意味でも使われます。
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ