肝臓とコレステロール② 善玉コレステロールと悪玉コレステロール

肝臓でつくられ、肝臓で代謝されるコレステロールは、血中のコレステロール値を高くすることで疾病を引き起こすだけでなく、そのなかにも何種類かあるのです。
 
例えば、一般的に有名なのが善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。

これらは化学的にはHDL-コレステロールとLDL-コレステロールといいますが、それぞれの違いは、H(Heavy:重いほう)とL(Light:軽い方)からきています。

これらの構造は似ていますが、働きはほぼ真逆なので、ヒトのために役立つ方を善玉、悪い影響を及ぼす方を悪玉と呼んでいます。
 
善玉コレステロールは、血中に必要以上のLDL-コレステロールがあるなと感じ取ったら、それらを回収して肝臓に戻します。

逆に悪玉コレステロールは、肝臓からコレステロールを全身に運ぶために血中に放出してしまうのです。
 
そして、これらも総コレステロールと同じように血中濃度(mg/dL)で測定され、健康診断では便宜上LDL-コレステロール値を主にみられますが、総コレステロールとの比較も大切です。

つまり、HDL-コレステロールが多いひとは、それだけLDL-コレステロールの増加を防ぐことができ、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐことができます。
 
たいていこのような病気は、急に激しい胸痛がしたり、ハンマーで殴られたような頭痛がして倒れ、病院に搬送されることが多いので、普段からコレステロール値に気をつけていないと、ある日急に入院することもあるのです。
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ