肝臓とコレステロール④ 心筋梗塞や脳梗塞を起こさない為に

HDL(善玉)-コレステロールとLDL(悪玉)-コレステロールは、役割は真反対ですが、構造は似たようなものです。

コレステロールが中性脂肪分子とモザイク的な塊をつくって、さらにそのまわりをタンパク質やリン脂質が囲むことでできた球状分子で、それが大きいか小さいかで決まります。

これらを合わせてリポタンパクと呼びます。
 
コレステロールは一般的に心筋梗塞や動脈硬化の原因として心配されていますが、これはLDL-コレステロールが血液中に血栓をつくることで起きます

HDL-コレステロール値が低くなることで血中にLDL-コレステロールが十分にたまると、それらが酸化され、変形します。
 
変形LDL- コレステロールは血管内の小さな傷口に入りこみ、異物と認識したマクロファージなどのリンパが食作用を示します。

これらの反応がおわると、残骸や生成物がそこにたまり、血管の膜がふくれます。そこにさらにコレステロールが付着したり、流血を防ぐために血小板が覆うことによって小さかった傷口が大きな血栓をつくってしまいます。
 
このことによって血流が悪くなり、運悪く心臓や脳内におおきな血栓が育ってしまうと、血管破裂がおき、それが大きな衝撃となって伝わり、即死したり、寝たきり状態になったり、大きな後遺症を抱えることになります。
 
持病を抱えていなかったひとでも、少しコレステロール値が高い体質のひとは、加齢とともにこれらの可能性を覚悟する必要があり、そのためには生活習慣を見直すのが一番です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ