肝臓に悪いお酒の飲み方

一晩で色々な種類のお酒を飲む事を「ちゃんぽん」といいます。

このちゃんぽんは悪酔いすると言われ、出来るだけしない方がよいと言われてますがその理由は何故でしょうか?

ちゃんぽんがダメな理由

 
普段からお酒をよく飲む人には心当たりがあると思いますが、ビールから始まり、焼酎、熱燗と飲む種類が変わると口当たりも変わっていつも以上に飲めてしまうものです。

ちゃんぽんがいけなり理由はまさにここにあります。

ちゃんぽんは色んな種類のお酒を体内で混ぜる事がダメなのではなくて、自分の肝臓の処理能力以上のアルコールを摂取してしまう事がダメなのです。

お酒を飲み始めると楽しくてついついそんな事は忘れがちですが、ビールの次は日本酒とかウイスキーに切り替えるくらいに留めておくのが無難でしょう。

なぜならアルコールを少しずつ体内に入れるほうが肝臓が余裕をもってアルコールを処理できるからです。

スポンサーリンク

例えば日本酒ですが、冷たいままだとぐいっと一口で飲めますが、熱燗にするとちびちびしかのめません。

一度にたくさんの量を飲むと肝臓にも良くないので同じ日本酒でも熱燗で飲む方が悪酔いしないというわけです。

ほかにもウイスキーや焼酎など、ストレートで飲むよりは何かで割って飲むなどの工夫をする事で肝臓をいたわってあげる事ができます。

ウイスキーや焼酎など度数の高いお酒は胃の粘膜への刺激も強く、食道がんや咽頭ガンが酒飲みに多くみられることからもお酒の飲み方には十分注意が必要です。
 

すきっ腹でお酒はダメ

 
よく「駆けつけ3杯」なんていいますが、すきっ腹の状態でお酒を飲むと胃のアルコールの吸収スピードが普段よりかなり活発になり、五臓六腑に染み渡ります。

スポンサーリンク

血液中のアルコール濃度も急激に高くなり、これが悪酔いや急性アルコール中毒の原因にもなりかねません。

もちろん肝臓も一気に吸収されたアルコールを処理しようと普段以上に活動を迫られ余計な負担をかけてしまいます。

本来であれば肝臓の活動にはタンパク質やビタミンが必要ですが、すきっ腹の状態ではそのような栄養素がもちろん不足していますので肝臓の機能も十分ではありません。

このよう、すきっ腹でお酒を飲むと体にとって良いことは一つも無いのです。

それを予防するには何でもいいのでおつまみを食べながらお酒を飲む事です。

とりあえず何か食べる事で胃や腸に血液が集まってきて、肝臓の活動も活発になり、アルコールを処理する能力が格段に上がるのです。

更に、一口食べては箸を置いて飲むという飲み方だと、一度に飲む量やスピードも自然とスローペースになるので血中のアルコール濃度も低くなり、肝臓も余裕を持ってアルコールを処理する事が出来ます。

このように胃と肝臓を守る為にも駆けつけ一気など無茶な飲み方をせず、食べながらゆっくりとお酒を楽しむというのが非常に重要になってきます。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ