知られざる肝臓病の原因データ

日本全国で、肝硬変や肝臓がんなど何らかの肝機能障害に異常がある人は約300万人以上にものぼると言われています。
 
特に肝臓に異常があるというのはイメージ的にアルコールが関係していると思われていますが、実はそうではありません。

肝臓病の大半はウイルスとアルコールが原因

 
欧米などでは確かにアルコールが原因の肝機能障害が多いのですが、日本ではそのほとんどが肝炎ウイルスが関係しています。
 
もちろんアルコールが原因で肝臓に異常がある人もいますが、その場合も背景には肝炎ウイルスの関わりが多いことが最近の研究で発表されています。
 
実際の臨床例を見てみても、アルコールだけが原因の肝硬変や肝臓がんというのはそこまで多くありません。

これを裏付ける例として次のような検査があります。これは肝硬変の患者を5年間に渡り観察し、肝臓がんを引き起こす割合を示したものです。
 

スポンサーリンク

まず、肝硬変の患者を

①お酒は飲まないがC型肝炎ウイルスに感染している

②普段からお酒を飲みC型肝炎ウイルスに感染している

③普段からお酒を飲み肝炎ウイルスに全く感染していない

の3つのグループに分け、その肝臓がんを引き起こす発生率を調べたところ、

①が28%、②が44%、③が5%という結果になりました。
 
この結果から考察すると、普段からお酒を飲む人でも肝炎ウイルスに感染していないと肝臓がんにはなりにくいという事です。

また、別のデータですが、肝硬変になった患者を調べた所、C型肝炎ウイルスが原因だった人は46%、B型肝炎ウイルスは7%、C型肝炎ウイルスに感染していてお酒を飲む人は18%、B型肝炎ウイルスに感染していてお酒を飲む人は2%で、アルコールだけが原因だった人は全体の12%にすぎませんでした。
 
スポンサーリンク

このような結果をみて言える事は、お酒は適量をきちんと守って飲んでいる限り、重度の肝臓病に進行する可能性はかなり低いといえます。

ではお酒を飲むのは肝臓にとって全然平気かというともちろんそうではありません。肝炎ウイルスに感染している人がお酒を飲むことでかなりの確立で重度の肝臓病へと進行しやすくなります
 
特にB型肝炎やC型肝炎はウイルスに感染しても症状が分かりづらく、体調不良くらいにしか感じない事も多いのです。

また、母子感染などでウイルスに感染してもなかなか発症しない場合もあります。

この状態をキャリアといい、キャリアの状態でお酒を飲むと、それが引き金になり肝炎を発症したり、肝臓病の悪化を促進してしまう要因になってしまいます。
 
このように、純粋にアルコールだけによる肝硬変や肝臓がんは思ったより少ない事がお分かりいただけたかと思いますが、アルコール性肝炎を経て肝硬変にかかった人が禁酒してお酒をやめると生存率が2倍以上になるというデータもあります。

やはりお酒を普段から飲む場合は自らの適量をしっかりと守り、飲み過ぎないというのが大事になってきます。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ