肝機能向上の為の栄養素

一番の肝機能向上対策は食生活改善です。

肝臓病の予防や改善には食生活の改善は欠かせません。
 
肝臓に良い食生活とはいったいどのようなものでしょうか?まずは「栄養バランスのよい食事」です。

よい栄養バランスとは炭水化物・脂質・タンパク質・ミネラル・ビタミンの5大栄養素を適切な量で摂取するという事です。
 
まずはそれぞれの栄養素の働きや、肝臓で果たす役割、またそれらが多く含まれる食品を知る事が大事です。
 

炭水化物

主に体温・運動・脳の活動など生命活動のエネルギー源となります。

肝臓ではグリコーゲンに分解されて貯蔵され、解毒作用のエネルギー源となります。

炭水化物はごはん・パン・雑穀・いも類・麺類・果物・砂糖などに多く含まれています。
 
スポンサーリンク

タンパク質

たんぱく質は血液や内臓・筋肉・骨や皮膚を作る栄養素です。

また、細胞や生命維持に欠かせない酵素・ホルモン・免疫物質のもとにもなります。

肝臓では酵素の働きが非常に重要で、この酵素を作るのがタンパク質です。

また、破壊された肝細胞を修復してくれたりもします。

主に肉類・魚介類・卵・大豆・乳製品に多く含まれています。
 

脂質

脂質は人体そのもののエネルギー源となります。

細胞膜やホルモンのもとにもなり、脂溶性ビタミンの吸収にも必要となります。

この脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)が肝臓での代謝の働きに非常に重要な役割を担います。

脂質は植物性だとなたね油・オリーブ油・ごま油などに多く含まれ、動物性だとバターやラードに多く含まれています。
 

ビタミン

ビタミンの中にはビタミンA・B群・C・D・E・Uなど非常に多くの種類があり、人体の成長や生命維持活動をスムーズに行われるように促してくれる栄養素です。

スポンサーリンク

肝臓の活性酸素を抑制するビタミンA・C・E、肝機能を正常に保つ働きを助けるビタミンB群、解毒作用を助けて肝臓に進入するウイルスの増殖を抑制したり、コラーゲンの生成を促進するビタミンC、脂質の代謝を助けるビタミンE・B2、肝細胞の修復に欠かせないビタミンUなどがあります。

それらのビタミン類は緑黄色野菜、果物、いも類、豆類、海藻類、肉類、魚介類などに多くふくまれ、サプリメントなども多く発売されています。
 

ミネラル

ミネラルは骨や歯、皮膚、髪の毛などをつくる上で非常に重要な役割を担います。

また、心臓や筋肉、神経の働きや新陳代謝など人体の働きを正常に維持して調節してくれます。

肝臓ではミネラルに含まれる亜鉛が代謝に必要な酵素を作ってくれ、野菜・果物・いも類・マメ類・海藻・魚介類・牛乳・ナッツ類などに多く含まれています。
 
私達が日々摂取する食品にはいろいろな栄養素が異なる割合で含まれているので、毎日摂取する食品から各栄養素の量を割り出すのは非常に難しいといえるでしょう。
 
そこで大事なのは、多種類の食品をまんべんなく摂取するようにする事です。

よく、「1日30種類の食品を摂取しましょう」と言われているのはそこにあります。

毎日30種類は無理でも20~25種類は出来れば摂取したいものです。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ