二日酔いになってしまったら

二日酔いになると頭痛、吐き気、全身の倦怠感など様々な症状になやまされてしまいます。

いくら注意してお酒を飲んでいても二日酔いになってしまった経験のある方は多いのではないでしょうか?

自分の肝臓のアルコール処理能力以上のお酒を飲んでしまい次の日後悔しても後の祭。

いかに早く二日酔いの症状を治すかを考えましょう。
 
まず、二日酔いの解消法には色々ありますが、要するに体内に残ったアルコールをいかにはやく体外へと出せるかが重要になってきます。

それと有害物質であるアセトアルデヒドの分解を促してやる事も重要です。
 
アルコールは呼気からも少しずつは体外へと出ますが、尿や汗となって出て行くのがほとんどで、いかに尿や汗を出すかが二日酔い解消への近道です。

まずは水分を補給するのが一番でしょう。水分を補給する事で汗もかきやすくなりますい、血液中のアルコール濃度も低くなり尿と一緒に排泄されます。
 
よく、お酒を飲んだ次の日は顔がむくむといいますが、その原因はアルコールを飲んだ後数時間は血管が広がり尿もたくさん排泄されますが、それを超えてお酒を飲んでしまった場合、逆に血管が収縮し尿の出が悪くなります。

スポンサーリンク

その為に飲んだ翌朝に顔がむくむのです。

そんな時は水をがぶ飲みするのは控えて、熱いお茶を飲んだり、サウナにいって汗をかくのがいいでしょう。お茶は利尿作用もあるのでお勧めです。
 
また、何かを食べるのも二日酔いには効果的です。

食べ物を食べる事で肝臓の血流が増し、アルコールの分解機能が活発になるので、あまりに二日酔いでムカムカしている場合を除いては何かお腹に入れるというのは非常に大事な事なのです。

食べるものは体が受け付けるなら何でもよいのですが、どうせなら高たんぱく、高ビタミン、高ミネラルな食品がよいでしょう。
 
二日酔いによいといわれる代表的な食べ物はシジミ汁、あさり汁、梅干し、柿、味噌汁、カレーなどですが、これらは非常に栄養価の高い食べ物です。

特に味噌汁なんかは温かくて、二日酔いの日に飲むと体に染み渡って、胃を守ってくれる事が実感できると思います。

また、カレーの中にはクルクミンといってウコンなどにも多く含まれる成分が二日酔いに有効ですので、二日酔い解消にはいいかもしれません。
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ