γ-GTPとアルコール

γ(ガンマ)-GTPはγグルタルミルトランスペプチダーゼというヒトの体内で生成される逸脱酵素です。この酵素は、肝臓や胆管の細胞が破壊されたときに、その修復や解毒のために分泌されます。

今回は、この酵素とアルコールの関連についてふれていきます。
 
γ-GTPは、比較的にアルコールの摂取量に比例するので、そこまで重症でない範囲の高い値(成人男性なら50~100、成人女性なら32~100あたり)がでた場合は、まずお医者さんにお酒の飲み過ぎを問われ、思い当たる節があれば、節酒を求められます。

この範囲であれば、お酒の摂取量と酵素の分泌量はフレキシブルに変化するので、一週間ほど節酒すれば正常値に戻ります。

ただ危険なのは100~200、または500など3ケタに達した場合で、何らかの治療が施される目安となります。
 
100~200までは、主にアルコールのとりすぎでアルコール性肝障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がんを起こしている可能性があります。

アルコールを多量に摂取すると肝臓の細胞は破壊されるので、自然の回復速度が摂取量に間に合わないと、肝硬変や脂肪肝、肝障害を引き起こし、気づかぬうちにどんどん重症になっていってしまいます。
 
200~500まではアルコールの摂取に加えて胆のうに異常がある可能性があり、さらに500を超えるような場合は急性アルコール中毒が疑われます。

一般的に100を超えたあたりで診察をすすめられ、200を超えた場合は必ず病院にいかなければいけないレベルです。
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ