肝臓病を早期発見するには

早期発見が重度の肝臓病予防のカギになります。
 

肝臓病の10%は健康診断で発見できる

 
再生能力が優れている肝臓は、病気になり肝細胞が少々壊れてもなかなかサインを出しません。

その為に肝臓病になっているという事に気付かずに、自覚症状が現れてあわてて病院に行った時にはかなり肝臓病が進行しているといったケースが多々あります。

このような事態を避ける為には定期的に健康診断を受け、肝臓の異常を早期に発見する事が重要となってきます。

日本では集団検診制度が充実しており、会社員の方は職場で健康診断が行われている場合も多いでしょう。

それ以外の健康診断が無い小規模な会社、または自営業の方なども、特定健診といって40歳以上75歳未満の健康保険に加入している人が受けれる検診もありますし、健康増進法による健診、長寿健診、人間ドックといった様々な健康診断がありますので、それらを利用して最低でも年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

健康診断の検査項目

 
健康診断の肝臓に関する検査項目にはGOT、GPT、γ-GTPなどがあります。

これらは肝臓の異常を見つける場合には必ず行う検査項目です。

これらの検査で何らかの肝臓の異常が疑われると、更に精密な検査を受けるよう、医療機関から通知が送られてきます。

中には通知が来ても忙しさや面倒くささを理由に精密検査を受けない人もいますが、早期発見・早期治療が一番の肝臓を守る近道ですので通知が来たら速やかに精密検査を受けるようにしましょう。
 
その他にも血液検査で肝臓の異常が見つかる場合があります。

全体の約10%は血液検査で肝臓の異常が見つかると言われ、その中でもアルコール性肝障害が約60%、肝脂肪が約30%、慢性肝炎が約10%となっています。
 
たとえ検査で異常が見つかっても、その全ての人が肝臓病かというとそうでもありません。

異常が見つかって、その原因を早急に取り除けば肝臓の健康は取り戻せる確率が高くなります。
 

病院での肝臓病検査の流れ

 
①問診

自覚症状や病歴、その他家庭環境や仕事の環境、更に日々の飲酒の量、服用している薬、過去の輸血・海外旅行・ハリ治療などの質問をされます。

ウイルス感染が疑われる場合、特にC型肝炎を疑われる場合には過去の手術や輸血、B型肝炎では家族に肝臓病の人がいるかなどが確かめられます。
 
スポンサーリンク

②血液検査

肝機能の異常がないか調べる為の血液検査の種類は20種類以上あるといわれています。

中でもGOT(AST)、GPT(ALT)、ALP、γ-GTP、LDHなどの血液中の酸素の量を測定する検査は必ず行われます。

また、各種感染ウイルスマーカー、血清ビリルビン、血清アルプミン、コリンエステラーゼ、膠質反応などの検査項目などもあります。
 

③尿検査

尿検査では尿の中のビリルビンとウロビリノーゲンの反応を調べます。

尿糖も検査し、肝臓病に合併しやすい糖尿病がないかもチェックされます。

また、服用している薬やその日の体調などによって陽性反応が出る場合もあるので、後日再検査を求められる場合もあります。
 
④精密検査

血液検査や尿検査の結果、肝臓病になっている疑いがあると、超音波検査やCTスキャン、MRIなどの画像検査といった精密検査を受ける必要があります。

最終的な診断を下す為には肝臓の組織を採取して顕微鏡で調べる検査を行います。

それ以外にも腹腔鏡を体内に入れ、肝臓の表面を直接観察するといった検査方法もあります。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ