肝臓の働きと特徴

肝臓は我慢強い~肝臓の働きと特徴

 
 
肝臓は「沈黙の臓器」とよく言われます。

これは肝臓には神経が通っておらず、損傷を受けたとしても他の臓器と違って痛みなどを感じにくく、自覚症状もなかなか出てこない事からそう言われています。
 
また、肝臓は人間の臓器の中で一番大きい臓器であり、予知能力もかなり優れており、少々危険な状態であっても自分でそれをカバーし、修復します。

更に細胞の再生能力にも優れていて、肝炎などで肝臓の細胞が死んでしまっても自らそれを再生する能力もあります。

このように肝臓は多少無理をさせてもSOSを発信することなく、自らコツコツと働く臓器なのです。
 
 
しかし、どんなに肝臓が悪くなっても大丈夫なのかというともちろんそんな事はありません。

さすがの肝臓も相当危険な状態になったら自ら異常を知らせるサインを出して助けを求めてきます。

相当我慢強い肝臓ですから、SOSを出す頃になるとよほどダメージを受けているという事になります。
 
スポンサーリンク

肝臓が出すSOSのサイン

 
肝臓系の病気でまず一番分かりやすいSOSが「黄疸」です。

これは皮膚や白目の部分が黄色味がかってくる症状です。

その他には食欲不振、全身の倦怠感などありますが、どれも肝臓が悪いSOSとは直結するのは難しく、ちょっと体調を崩しているのかな?くらいにしか捕らえられない事がほとんどです。
 

肝臓病のチェックリスト

 
自分が肝臓病かどうか簡単にチェックできるテストがあります。

他覚症状と自覚症状に分かれていますが、合計点を出してチェックしてみて下さい
 

【他覚症状】

・男性なのに乳首にしこりを感じ、その後女性のように乳房が膨らむ・・・5点

・腹部の右上からみぞおちにかけて腫れているのがわかる・・・5点

・背中や肩に赤いクモ状の班点ができている・・・5点

・白目が黄色がかっている(黄疸)・・・5点

・尿が異常に黄色い・・・5点

・爪が白くなり、バチ状になる・・・3点

・軽くぶつけただけでもすぐに出血する・・・3点

・手のひらが赤くなりやすい・・・3点

・便の色が白っぽい・・・2点

・尿が濃くなった・・・2点
 
スポンサーリンク

【自覚症状】

・強かったはずのお酒が急激に弱くなった・・・4点

・全身の倦怠感(体がダルい)・・・1点

・微熱が続く・・・1点

・食欲不振・・・1点

・脂っこいものを受けつけなくなった・・・1点

・お腹が張っている・・・1点

・すぐに息切れをしてしまう・・・1点

・訳も無く体がかゆい・・・1点
 

【合計】

6点以上⇒肝臓が異常です。すぐに病院へ!

5点⇒肝臓病の疑いがかなり濃厚

4点⇒肝臓病の疑いがある

1~3点⇒悪くはないが今後要注意

0点⇒今のところは大丈夫
 
どうでしたか?4点以上の人は特に自分の肝臓をいたわってやる必要がありるといえるでしょう。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ