肝障害の自覚症状

自覚症状が現れたら重度の病気の可能性もある

byouinn肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、非常に自覚症状の出にくい臓器です。

その為肝臓が出す病気のサインに気付いた場合は肝臓が相当悪くなっているという証拠です。

放置しておくと取り返しのつかない事態にもなりかねませんのでいち早く医師に相談するのが良いでしょう。

肝障害の自覚症状(初期)

肝臓が悪いと分かる代表的な自覚症状は黄疸です。皮膚や白目の部分が黄色がかった色になってくる症状の事をいいます。

それ以外には全身の倦怠感・食欲不振などがありますが、風邪などもこのような症状の為、なかなかこれらの症状から肝臓が悪くなっていると気付くのは難しいかもしれません。

肝障害の自覚症状(重度)

スポンサーリンク

慢性肝炎が進行して肝硬変になると次のような症状が表れます。

女性化乳房

肝硬変になった男性の乳房が女性のようにふくらんでくる症状です。

肝機能の低下で女性ホルモンのエストロゲンを処理する事が出来なくなってしまい、その結果女性ホルモンが増えてこのような症状がおこります。

手掌紅班(しゅしょうこうはん)

肝臓で処理が不可能なエストロゲンが血液中に入ってしまい、末梢血管が拡張して決量が増え、手のひらや指先が赤くなる状態のことをいいます。

クモ状血管腫

首や肩、胸などにクモが足を広げたような形の赤い斑点が現れる状態です。

腹壁静脈の緊張

肝臓の血流が悪くなってしまい、門脈の血圧が高くなりお腹を蛇行している静脈が浮き出て見れる症状の事です。

腹水

お腹がガスで張ったり、体液がたまってお腹が膨らむ状態のことをいいます。

これらの他にもビタミンやミネラルの代謝が低下して足の筋肉がつりやすくなったり、口臭がカビ臭くなったりするといった症状が現れます。

このような症状が出た場合はすぐに病院に行き診察を受けましょう。

スポンサーリンク

カレンダー

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ